大人ニキビのメカニズム

最近よく耳にする大人ニキビ。あごや頬にポツンと1つできただけでテンションが下がってしまうのに、治りづらく、繰り返しやすいため、悩ましい日々を送っている人も多いのでは? そこで、大人ニキビのメカニズムとニキビをつくらない肌づくりについて紹介します。

大人ニキビの原因は肌の乾燥!?

ある日突然、ポツポツとあらわれるニキビ。1つでも目立つだけに悩ましいですよね。 ニキビは、老廃物や皮脂によって毛穴が詰まり、毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こしたものです。はじめは小さいポツポツでも、放っておくとどんどん悪化し、化膿したり、跡が残ってしまったり…非常にやっかいです。

ニキビと聞くと思春期にできるものというイメージがあるだけに、大人になってから
「今さらニキビができるの!?」
「若い頃はニキビ肌じゃなかったのに…」
と驚く人もいるようですが、最近では20代〜30代を中心に多くの方を悩ませています。これらは大人ニキビと呼ばれ、10代でできる思春期ニキビと区別されます。

思春期ニキビの主な原因は成長期のホルモンバランスの変化に伴う皮脂量の増加です。皮脂が必要以上に分泌されてしまうと毛穴からの排出が追いつかず、アクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。
聞いたことがあるという人も含め、このメカニズムを知っている人が多いこともあって、「ニキビはオイリー肌の人にできるもの」と思われがちですが、大人ニキビはターンオーバーの乱れによって引き起こされるため、乾燥肌の人こそ要注意なのです!

 
年齢 10代 20歳~
肌質 オイリー肌の人に多い オイリー肌、乾燥肌問わず、すべての肌質でおこる
症状 額を中心にTゾーンに細かいニキビが多発 あごまわりなどUゾーンにできやすい
主な原因 思春期のホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌 ストレス、栄養の偏り、睡眠不足など不規則な生活習慣によるターンオーバーの乱れ
対策 皮脂量のバランスを整える 角質の除去、乾燥を防ぐ

生活習慣が大人ニキビの引き金に!

生活習慣と密接に関わっている大人ニキビ。では、どのような習慣がニキビにつながってしまうのでしょうか? 代表的なものをいくつかご紹介します。

ストレス

大人ニキビで悩む人が増えた理由として、多様化する生活環境に適応するために知らず知らずに溜め込んでしまったストレスが挙げられます。ストレスは体にさまざまな悪影響を与えますが、ニキビにとっても大敵。ストレスによって副交感神経が刺激されると皮脂量が増え、肌の角化も進んでしまいます。

栄養の偏り

糖質や脂質は皮脂の栄養になりやすいため、とり過ぎると皮脂の分泌量が増えてしまいます。脂っこい食事やスナック菓子、甘い物は控えるようにしましょう。また、ダイエットなどによってカロリー摂取量を抑え過ぎるのも要注意。肌に必要な栄養が届かず、ニキビができやすくなります。

睡眠不足

肌は睡眠中に分泌される成長ホルモンによってターンオーバーを繰り返しています。睡眠不足が続くと肌トラブルをおこし、ニキビができやすくなります。さらに、寝不足によって免疫力が低下するとニキビが悪化することもあるので、日頃から質の良い睡眠をしっかりとるようにしましょう。

大人ニキビの場合、どれか一つが要因ということは少なく、複数が複雑に絡み合っているケースがほとんどです。日常の何気ない習慣が大人ニキビの引き金になりかねませんから、改めて生活習慣を見直してみてください。

大人ニキビ・ニキビ跡はどうしてできるの?

治りにくく、繰り返しできやすい大人ニキビ。その理由は、思春期ニキビとは違うメカニズムにあります。

大人ニキビ・ニキビ跡ができる3つの理由

皮脂の酸化による毛穴詰まり

毛穴は皮脂を外部へ排出するホースの役割をしています。皮脂が過剰に分泌されると、排出できなかった分が毛穴の中に残り、時間とともに酸化して固くなります。すると、皮脂がスムーズに排出されずに毛穴詰まりをおこして“ニキビの種”になってしまいます。

角質肥厚による毛穴詰まり

角質層は毛穴の中にも存在し、肌の表面と同じようにターンオーバーが繰り返されています。
そのサイクルが正常であれば古い角質層はどんどん剥がれ落ちて排出されますが、新陳代謝が悪くなるとうまく剥がれ落ちず、毛穴にとどまってしまいます。
すると皮膚が厚く硬くなる角質肥厚が起こり、毛穴が狭くなってしまうのです。そこに皮脂がたまり、古い角質と混ざり合うと角栓ができてしまいます。

肌のターンオーバーの乱れ

酸化した皮脂は角質層のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を乱します。すると皮膚細胞がきちんとした角質になりきれず、未成熟のまま毛穴の入り口に蓄積し、結果、毛穴周囲がすり鉢状に陥没します。
そこに加齢による肌の弾力低下が加わると陥没に拍車がかかり、次第にその形状が肌に記憶されてしまいます。

大切なのはニキビができにくい肌づくり

肌のザラつきや乾燥など、はじめはちょっとした肌トラブルだと思っていても、気づかないうちに “ニキビの種”は育っています。ニキビができてしまってから慌てて間違ったケアをしてしまうと、「肌トラブル→ニキビ→間違ったケア→肌トラブル→ニキビ」という悪循環に陥ってしまいます。まさに負のスパイラルというわけです。
また、症状が進行してしまうとセルフケアや市販薬で改善するのは難しく、また、繰り返しやすくなるので、やはりニキビができない肌づくりが肝心なのです。正しいケアによって肌環境を整え、ニキビができにくい肌を目指しましょう。

スキンケア商品選びは慎重に!

では、大人ニキビにはどのようなケアが必要なのでしょうか?
基本は体の内外からアプローチすること。大人ニキビにはストレスや睡眠などが影響するので、まずは生活習慣を見直し、体の内側から健やかになることが大前提です。

外側からのケアという点では、長らくニキビの改善には毛穴詰まりに焦点が当てられ、ピーリングが推奨されてきましたが、近年では、乾燥肌でも大人ニキビができることがわかってきました。
大人ニキビは極端に水分が不足して脱水状態をおこしている毛穴、いわゆる“枯れ毛穴”にできやすいのです。それだけに、保湿を中心としたスキンケアが重要です。

とはいえ、ニキビ肌はとても敏感。健康な肌と同じスキンケ商品を使うことで症状が悪化することもあるので、スキンケア商品選びは慎重に行わなければなりません。

そこで注目されているのが、医師や皮膚の専門家が開発に携わっているドクターズコスメ。
低刺激で敏感肌の人でも使用できる、成分や機能にこだわっている、目的が明確という傾向があり、ニキビが気になる方は、ドクターコスメの中でもとくにニキビに特化したアイテムを選ぶのがおすすめです。

ドクターズコスメagoraで24時間メンテナンス

agoraは、たるみ、ざらつき、陥没、黒ずみなどの毛穴トラブル、ニキビの初期症状のコメド、さらにできてしまったニキビ&ニキビ跡のために誕生したドクターズコスメ。
「ニキビのせいで損をした」「肌のことでガマンしてきた」など、ニキビや肌質に悩んでいる人に使ってほしい、深刻なコンプレックスケアシリーズです。

大人ニキビの原因となる“枯れ毛穴”に対して一般的な保湿をしても、毛穴内は脂性なのではじかれてしまいます。
そこで、水分、角質、常在菌、代謝のアンバランスを制御するための有効成分を配合し、きめ細かくなめらかな透明美肌づくりサポート。クレンジング、洗顔、化粧水、美容液の4ステップで、大人ニキビで悩む肌に1日寄り添い、肌をみずみずしくクリアに保つための自宅でのクリニカルケアを実現します。