ニキビの種類別!原因と対策

「ニキビは10代で卒業できると思っていたのに、大人になってからも悩まされる...」
「一度治っても繰り返しできる口まわりやあごのニキビをどうにかしたい!」
このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
タイプ別のニキビの症状や特徴、ニキビができる原因や対策法を学び、なめらかで透明な肌を取り戻しましょう。

あなたのニキビはどのタイプ?

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビは毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖することで起こる炎症です。
一般的に、10代のときにできるニキビを「思春期ニキビ」、20代以降にできるニキビを「大人ニキビ」と呼びます。この2つには異なる特徴や発症原因があります。

思春期ニキビ

男女ともに成長過程で男性ホルモンの分泌が一時的に多くなり、皮脂が過剰に分泌されることでニキビができやすくなります。
主におでこやTゾーンなど、皮脂腺が多い場所にできます。

大人ニキビ

皮脂の過剰分泌だけでなく、毛穴のつまりや肌の乾燥、不規則な生活習慣、ストレスによるホルモンバランスの乱れなど、大人ニキビはさまざまな要因が絡み合ってできるケースが多いです。
あごや口まわりなど、皮脂の少ない場所にできやすいほか、治りにくく再発しやすいという特徴があります。

ニキビのタイプ

ニキビにはさまざまなタイプがあり、それぞれ症状や原因は異なります。ご紹介したいと思います。

白ニキビ

白ニキビとは、毛穴に皮脂や汚れがたまることで皮膚が盛り上がり、小さな白い点のように見える初期段階のニキビのことです。
毛穴がつまっているだけで炎症は起こしていない状態なので、赤みや痛みの症状はありません。

黒ニキビ

黒ニキビとは、皮脂がつまった毛穴が黒ずんで見えるニキビのことです。
白ニキビの毛穴の入り口から顔を出した皮脂が、空気に触れて酸化することで黒くなった状態を指します。
白ニキビと同じく、毛穴がつまっているだけで炎症は起こしていません。

赤ニキビ

赤ニキビとは、炎症を起こして赤く腫れたニキビのことです。
毛穴に汚れや皮脂がつまった白ニキビや黒ニキビが悪化し、アクネ菌が繁殖することで炎症を起こした状態を指します。

化膿ニキビ

化膿ニキビとは膿をもった黄色いニキビのことで、赤ニキビの炎症がさらに悪化した状態を指します。アクネ菌のほか黄色ブドウ球菌もニキビ内で増殖しているため、炎症は一気に広がります。
ニキビの最終段階で、多くの場合は炎症がおさまってもニキビ跡や色素沈着につながります。

ニキビができる場所と原因

背中

背中は全身の中でも皮脂腺が多く、毛穴に皮脂がつまりやすい場所です。
汗をかきやすく、就寝中は一晩分の汗が背中にたまってしまうなど、菌が繁殖しやすい場所でもあります。蒸れたり衣類でこすれたりするのも、ニキビが多発する原因となります。自分では見えづらいだけに、気づかぬうちに重症化してしまうケースも多いです。

あご

あごは男性ならヒゲが生える場所なので、男性ホルモンの影響を受けやすい場所だといえます。
女性の場合はストレスや不規則な生活習慣、月経の影響などでホルモンバランスが乱れると、あごにニキビができることがあります。
男性の場合は、ヒゲを剃ったときに肌を傷つけ、そこから雑菌が入ってしまった場合にニキビができることがあります。

おでこ

おでこは皮脂の分泌量が多く、思春期ニキビができやすい場所です。
大人の場合は、前髪やシャンプーの洗い残しなどが刺激となってニキビを引き起こしているケースが多々あります。また、洗顔が不十分で余分な皮脂が取り除けていなかったり、洗顔料のすすぎ残しが刺激となっている場合もあります。

Tゾーン

額から眉間、鼻筋にかけてのTゾーンは、おでこと同じように皮脂の分泌量が多い場所です。
オイリー肌の人はニキビができやすい場所だといえます。また、前髪による刺激や、眉間のシワの部分に洗顔料が残ってしまうことがニキビの原因になる場合があります。

口まわり

肌は内蔵を映し出す鏡だといわれますが、口まわりにニキビができた場合は、胃腸が弱っている可能性があります。油っぽい食事や外食、食べ過ぎなどで栄養バランスが偏ると、口まわりにニキビができやすくなります。

大人ニキビを改善するための対策

大人ニキビの治療は肌質の改善から

大人ニキビが慢性的にできる人は、不規則な生活習慣やストレスでホルモンバランスが乱れているなど、身体の中に原因があることがほとんどです。
そのため根本的な原因が解決されないかぎりは、治っては再発するサイクルを繰り返すことになります。

また、ニキビ跡が残るかどうかは体質による部分が大きく、ある程度以上腫れてしまったニキビは跡が残る場合も多いです。ニキビ跡を残さないためにも、肌質を改善してニキビ予防に努めるのが一番です。

生活習慣とスキンケアの見直し

大人ニキビを治すには、生活習慣の見直しが欠かせません。 とくに睡眠は重要で、寝不足は免疫力の低下やストレスにつながり、結果として肌の不調をまねきます。いま一度睡眠の質や時間について見直し、しっかりとした睡眠がとれるような生活へと変えていきましょう。

食生活の偏りも、肌に悪影響を及ぼす原因です。 糖質や脂質、アルコールなどの摂り過ぎに気をつけ、和食を中心とした栄養バランスのよい食事をとるよう心がけてください。

スキンケアの方法やアイテムを見直すことも大事です。 洗顔の際はゴシゴシ洗わず、たっぷりの泡で優しく力を入れずに洗いましょう。また、乾燥肌の人が洗浄力の強すぎるクレンジングオイルを使ったり、オイリー肌の人が油分の多いクリームを塗ったりすると、肌荒れの原因となります。 肌荒れが続く場合は、スキンケアアイテムが肌に合っていない可能性を疑ってみましょう。

agoraのスキンケアシリーズ

agoraは「自宅でクリニカルケア」を実現してくれる、皮膚専門家監修のスキンケアシリーズです。
「クレンジング」「洗顔」「化粧水」「美容液」のシンプルな4ステップで、余分な皮脂や汚れ、角質をしっかりと落としながら、水分バランスを整え、ダメージの修復を促します。

大人ニキビやニキビ跡、毛穴、肌荒れなど、深刻な肌問題を改善したい方におすすめのスキンケアアイテムです。